FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

自転車旅 尾道 

去年から再開した自転車旅。

今年の10月頭に広島県の尾道に行ってきました。

P_20191006_104454_HDR.jpg


自転車は輪行と言って、飛行機に受託手荷物として預けて運びます。

もちろん、そのままむき出しでは預かってくれません。前後輪とペダルを外した状態で輪行袋というものに入れます。上空の気圧の関係で念のためタイヤの空気も抜きました。

パンクなどした時のことを考えて、修理セットや最低限の工具を持っていくのですが、隅々まで検査されて持ち込み禁止のものがひとつありました。

それは、パンク修理に使うボンドです。禁止成分が含まれていたようです。戻ってくるまで一定期間保管してくれるようですが、面倒なので廃棄してもらいました。現地の百均で買えば良いし。


その後は特に問題なく広島空港に到着して、電車で尾道駅に到着。

P_20191006_124528_HDR.jpg

たまたま、この電車に乗ったんですが、車内には乗り鉄?撮り鉄?と思われる方達がカメラ片手にちらほら。

到着したホームにもそれらしき方達。

車体には「SETOUCHI MARINE VIEW」とあります。後から調べたのですが、どうやら観光列車のようです。

JRの紹介では
「丸窓から射す陽光、羅針盤や地図などで装飾を施された車内は、まるで客船のキャビン。
指定席にはゆったりとしたソファーも設置されリゾート気分を満喫できます。
忠海~安芸幸崎駅間では海岸のすぐそばを走るため窓いっぱいに紺碧の海がひろがり、まさにマリンビュー。船旅気分もさめないままに、列車は目的地へと到着します」

2005年から運行しているようですが、今年の12月22日で終了するようですね。偶然ですがラッキーでした。


この日は天気も良く、気温も高かったので汗だくで自転車を組み立てました。

尾道駅でパシャリ。生まれたばかりの赤ちゃんが中年と呼ばれる程の年月の昔に訪れたことがありますが、すっかり面影がなくなっていました。

P_20191008_094226_HDR.jpg

右端に写っているのが持ち込んだ自転車です。

GIANTのIDIOM 1という小径車なんですが、2012年モデルです。

このモデルが欲しくて、当然、新車では出回っていませんので、なんとか中古で手に入れました。

フレームのラインが私には美人に見えます。

状態はまあまあだったんですが、タイヤ、チューブ、ワイヤー、BB(ボトムブラケット)、チェーン、前後輪ハブのベアリングを交換しました。


で、尾道について早速向かうのは向島です。尾道水道を船で渡ります。

P_20191006_140132_HDR.jpg


そうそう、今回の旅の目的を言ってませんでしたね。

尾道、向島と言うとサイクリストでは瀬戸内のしまなみ街道が有名ですが、今回はそうではありません。

今で言うと、「聖地巡り」です。実はリベンジなんです。

私は角川映画が好きで、それこそずいぶん昔になりますが、大林宣彦監督の尾道三部作のファンでした。

その中でも富田靖子さん主演の「さびしんぼう」が当時の私には心に刻まれる映画でした。

なので、映画公開から数年後に尾道を訪れたのですが、残念ながら不満足な結果になってしまいました。

そんな、思いを胸に久しぶりに尾道を訪れました。


まずは、向島に渡って自転車で散策します。時間にして1時間くらいでしょうか。富田靖子さん演じる百合子の家の近所までは距離がありすぎるので断念。

帰りの船から。数人のサイクリストが乗船していました。

P_20191006_150558_HDR.jpg

初日は、この後、尾道ラーメンやカキをいただき、早々にホテル向かいました。本番は明日です。

尾道のホテルはすべてそうなのかは知りませんが、自転車を館内に持ち込めます。やっぱり、しまなみ海道を走る目的で来る方達が多いんですね。

温泉にゆっくり浸かって疲れを癒し、明日にそなえます。


そして、二日目。

最初に向かうのは、「さびしんぼう」の舞台になった「西願寺」を目指します。駅からは結構距離があり歩いたら30分はかかります。

以前の記憶が全くないので、新鮮な気持ちで坂道を上ります。

今は便利ですね。スマホがあるので難なく目的地に到着しました。

入口の階段です。

P_20191007_095431_HDR.jpg

P_20191007_095333_HDR.jpg


やっと来られた。さあ、上ってみましょう。

P_20191007_095233_HDR.jpg



反対側から見てますが、この木の幹の太さが歳月の長さを物語っています。

P_20191007_095034_HDR.jpg

スクリーンショット (27)



お寺から少し下った所がこの場所です。

P_20191007_094725_HDR.jpg

スクリーンショット (20)



来た道とは違う坂道を下っていくと、長年記憶の片隅に残っていた風景がありました。

P_20191007_100136_HDR.jpg

P_20191007_100129_HDR.jpg

以前来た時に、小雨が降る中この道を歩いて通ったことがあります。

たどり着けなかったけど、近くまで来ていたんだ。そのことが瞬時に分かったときは、何とも言えない郷愁に近い思いでした。
上りをまっすぐ行けばたどり着けたのに、途中で曲がってしまったんだね。




「西願寺」の後は、尾道駅を起点に反対側にある神社に行ってきました。

P_20191007_122051_HDR.jpg

P_20191007_122637_HDR.jpg


御袖天満宮の石段です。

映画「転校生」の中で男の子と女の子が転げ落ち、男女が入れ替わったシーンです。

この後に、もう一か所行きたいところがあって探したんですが、情報が不確かで行き着けませんでした。

それは映画「ふたり」に出てくる石田ひかりさんが通学の時に電柱と塀の間を通り抜けた場所 です。

2-3時間、尾道の石段を上り下りし探しましたが、足も悲鳴をあげてきたので断念しました。

そう何度も来られる場所ではないので残念です。


この後は、ケーブルカーに乗って山頂から尾道水道の風景を堪能したり、映画資料館に行ったり、商店街を散策し二日目を終了しました。


この日泊まったホテルから望む尾道水道。

P_20191007_184541_HDR.jpg

P_20191008_074858_HDR.jpg


三日目。

今日は帰る日です。せっかく自転車を持ってきたので、広島空港まで自転車で行きます。距離にして20kmちょっと。

とろとろ走って2時間くらいの予定です。

帰路便は15時くらいでしたので、かなり時間に余裕がありますが、空港内で一杯でも二杯でも三杯でも四杯でも五杯でも(以下略)やって時間つぶしすることにします。


こんなのどかな道を走り

P_20191008_122507_HDR.jpg


自分との戦いの峠を上り

P_20191008_131519_HDR.jpg

P_20191008_132313_HDR.jpg


工事中で粉塵舞うトンネルを抜け

P_20191008_134346_HDR.jpg


広島空港に到着しました。

P_20191008_140318_HDR.jpg

P_20191008_152648_HDR.jpg


2時間の予定が3時間以上かかりました。

広島空港は標高の高いところにあり、残り2kmずっと上り坂でした。

ストレートハンドルではきつい。


でも、その後の一杯は最高でした!


では、また来年。





ひとりごと。

水槽のイメージはあるけど、まだまだ先かな・・・

[edit]

はろはろ 

4年ぶりの更新でございます。


ボトルアクアリウムでタテキン??
P_20181228_222611_HDR.jpg
そんなわけないですね。新江ノ島水族館のガチャですよ。



こちらは、今年の夏に行った海遊館のガチャですよ。
P_20181228_222238_HDR.jpg
右のは石に寝そべるカワウソだそうだ......
魚だよ魚!魚出せよ!


自転車旅も再開していますよ。
P_20181102_155946_HDR_2.jpg
九十九里の夕焼けです。
手前の自転車はミニベロという小径車(20インチ)です。来年の夏にもまたどこか行こうと思います。

[edit]

寝付けない 




寒さも厳しくなってきましたねー。





私は寒さは大の苦手ですが電車通勤からチャリ通に切り替えました。





と言っても片道5km、30分程度の道のりです。
ママチャリにも余裕でブチ抜かれるスピードでトロトロ走っておりますw
ま、元気でやっているということです。



上の画像は藻の写真のようです。
ただ、雪の結晶のように自然な姿ではなく並び替えたアート作品だとか。
ちょっと残念です。


おやすみなさい。


[edit]

来年、始めます、水槽じゃないけど 

すっかり涼しくなった9月ですが、例年、クーラーを9月まで稼働していた記憶があるのでやっぱりいつもの年よりも涼しい気がします。
二酸化炭素が~、温暖化が~、と言われていますが、ながーいスパンで見ると地球は氷河期に向かっているらしいです。

最近、歳も歳なのですが、20代の頃に趣味だった自転車をまた始めようかと思っています。
結婚を機に乗ることも少なくなって、いつの間にかパクられてそれっきりでした。

6月に引越しをした時に見つけた写真がありました。


箱根山、初登頂時の記念写真。

ひとり旅なので自転車だけですw
登りに何時間かかっただろう?2-3時間かな?
池袋出発だったのでこの時点で100km弱でしょうか?
この日は静岡県の三保の松原まで爆走しました。


三保の松原のユースホステルで知り合ったチャリンカー。

ん10年も前の写真なのでこのあとも皆さん顔出しですw
泊まりはいつもユースでした。安いし基本、相部屋なのでいろんな人と知り合いになれます。
この時が最長のロングランで岡山の友人宅がゴールでした。
これ以外の写真が全く残っていないのが残念です。


これは、伊豆七島の大島を一周した時。三原山ですね。

東海汽船のフェリーに自転車を積んだのですが、冷凍室に入れられたらしく着いたときにはカチンコチンでしたw


これも同じ服装なので大島でしょう。

三原山登山途中かな?
大島はゆっくり周っても1日で十分周れる大きさです。


これも大島ですね。

隣の外人さんはオーストラリアから来た人で牧場をやってるって言ってました。
なんかホームシックにかかって早く帰りたいってシクシクしてましたw
その更にお隣の二人は友達同士でした。
なんか時代を感じる写真ですねw
この日のユースはJCかJKの団体さんが来ていて嬉しかったのを覚えていますw


最後のこれも大島かな?

何泊して帰ったのか全く記憶がありませんが・・・


その他にも房総半島一周や伊豆半島一周、日帰り100kmコースなど毎週、毎シーズンのように出かけていました。
だぶん、ランナーズハイのような快感を求めていたんでしょうw


これから寒くなるので来年暖かくなったらまた趣味として始めてみようと思います。
なんか水槽もそうだけど始めます詐欺にならないようにしなきゃねw

[edit]

LED照明について 

引越しに伴い水槽を撤去して2ヵ月ちょいが経過しました。

10年以上OF水槽のジョボジョボジョボーという音が日常で当たり前でしたが、設置当初は「うっせー!キーッ!」とハンカチを噛み締めながら髪の毛を振り乱す半狂乱ぶりでしたが慣れというのは恐ろしいもので、あっという間に「水の音ってやっぱ落ち着くわーw」と生物の起源は水場から発生したのだいう真実は誰も知りえない通説に納得しながら飼育を楽しんでおりましたw

そんな生物としての安らぎでもあり癒しでもあった水の音ですが水槽を撤去してもなんら淋しくない今日この頃をすごしております。DNAはどこ行った?w

計画としては数年後に水槽を復活する予定ですが、取りあえずとして再開後に不要となる機材を処分しようとLEDライトをオクに出品しました。
Grassy LeDio 21eのパールホワイトとアクアブルーです。
オクに出すときはいつも定額出品なのですが出品後わずか10分もたたないうちに2灯とも落札・・・早すぎだろw
点灯確認の画像を載せていたのでそのまま発送しました。

到着後、落札者の方から「球切れてね!?」と連絡あり。
まじで?
送ってもらった画像がこちら↓
IMG_1242.jpg
IMG_1245.jpg
白は見事に切れてますね。


ブルーはもしかしたら周りの明るさで切れたように見えてるだけかもしれないので、保管してあるもう1灯の写真を撮ってみたのがこれ↓
IMG_1243.jpg
同じです。
同じということはデフォルトの可能性があるので早速、ボルクスジャパンに画像添付で問い合わせしました。
数日後の返答は修理に関する案内と水槽にはフタをして使用してくれというものでした。
つまり切れてるってことです。

よくメーカーの逃げ道で使用環境によるという文言があります。
まず気温ですが、屋内で使用することが前提なので基本的には0℃~35℃くらいまでが使用環境範囲内かと思われます。
人間が生活する室内ですので運転環境としては余程のことがない限りその中に収まり、前後に多少の余裕があるのが通常でしょう。
次に水槽の上で使う以上多湿や塩害による被害も当然寿命を短くする要因です。
なので水槽にフタをして使用してくれというのは十分理解できます。
ですが、同環境でほぼ同期間(2年~2年半)使用している他のショップオリジナルLEDは全く球切れはありませんでしたので多湿が原因とするのはどうかと思います。
塩害によるものなら、筐体表面に塩の付着が確認されて当たり前と思われますがそのような形跡は全くありませんでした。
つまり推奨使用環境から逸脱しているとはどうしても考えにくいのです。
ショップオリジナルLEDと比較すると使用している素子メーカーは同じです。筐体もそっくりで放熱フィンの形状も酷似しています。異なるのはひとつの素子あたり2W駆動か3W駆動かの違いです。

有名メーカーのLEDの4灯の内3灯が9000時間にも満たないで球切れになりました。判明したのがその時期なので実際にはもっと短かったことになります。
メーカーは逃げ道を残しておりますが、今回は高出力にもかかわらず放熱設計が不十分であったのではないかと考えています。
低消費電力、長寿命を売り文句のひとつとしている商品としてはあまりにもお粗末であると感じます。


次回、水槽を再開するときにはLEDはメインで使いません!!!w
メタハラがやっぱ安定してるわw

[edit]