FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

おっぱいMP 


説明不要。写真どーん!

IMG_0514.jpg

なかなかのナイスバディですな。
このアンダーとトップから言ってBカップといったところでしょうか。
MP40ならCカップいったでしょうに、残念至極。←アホ

むかーし、ある超有名ブロガーさんが台湾(だったかな?)のダブルポンプをオッパイポンプと呼んでおりました。
それにあやかり(早い話パクリ)、うちでもおっぱいMPと呼ぶことにします。
マジンガーZの女性型ロボット、アフロダイAポンプでも良かったのだが・・・


昨年に、MP10を追加することができ2台になったわけですが、どう設置しようか迷いました。

導入当初は左右対角線上につけておりました。
iphone_20111229232811.jpg

しかし、これだと真ん中のところに渦ができてしまうような感じだったんですよね。

そこで数日前の深夜にあーでもないこーでもないとポンプを移動してみました。
まず最初は、背面におっぱいというか目玉のように設置しました。
でもこれだと背面は壁ですからドライとウエットのマッチングががめちゃくちゃめんどい。しかも見た目も良くないのであっさりやめました。

お次は左側面に2台おっぱい型に設置。
しかし、ここでもまたまた(タマタマじゃありません)問題が・・・わずかな時間で水流がぶつかる右側面の表層に油膜が張ります。
ゴミやバクテリアの死骸でしょうか?
これは良くありません。ですが、波の集塵力が優れているのもわかりました。
が、やはりこれはOFなのですからサンプに落とさないと意味がありません。

で、最終的には右側面のおっぱい型となった次第でございます。


2台とも波をおこすショートパルスモードで運用しています。
ですが、1台は無線、1台は非無線なのでシンクロはできません。
マニュアルでシンクロさせても給餌とかでしょっちゅうパワーオフにしますので、それは実用的ではない。

そこで、2台間のリズムを微妙にずらしました(コントローラーにも個体差があると思うのでマニュアルでシンクロさせてもずれていくとは思いますが)。
結果は、約5分で同調-非同調-同調のサイクルとなり、波の時間と水流が干渉して乱流になる時間とがスムーズに移行する良い具合になったと思います。


2台並べたコントローラーはかっこええです。
IMG_0516.jpg


水槽台に取り付けているので、震災での水濡れの教訓がちっとも生かされてません。
今回はフランジがあるから多少は平気だと思うけど。


中華料理屋のTVリモコンのようにラップで包もうかしら・・・

[edit]