FC2ブログ
12 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 02

クリエリ修理(3)-仮組したが、さてさて困った編 

 
今日はドライバ交換の仮組をして点灯テストをしました。

交換用のドライバ
IMG_0532.jpg

左が純正ドライバ、右がエイジさんからいただいた交換用のドライバ(420mA)。



まずは、新しいドライバの入力側の導線を繋ぐことに。
IMG_0526.jpg

なので、この口金を外さねばならない。
取り合えず、滑り止めのついた軍手でぐいっとひねったら、幸いなことにネジ式になっていたようで簡単に外れた。

IMG_0528.jpg

根元から切れたもう1本の導線はこんな風に口金に密着していたのね(見えにくいがバラ線が巻きついてる)・・・
半田付けされてると思っていたので、これが普通なのか確かめるために、うちに転がっていた蛍光灯の口金を外してみた。

IMG_0530.jpg

同じだ。どうやらこれがスタンダードらしい。



それが分かったら、ドライバの一方の導線を簡単に半田付け。
IMG_0535.jpg


ビニテもチューブもないので簡単にガムテで保護(仮組なので)。で、もう一方の導線は口金に密着するように引き出しておく。
IMG_0536.jpg


キャップ完了。
IMG_0537.jpg


お次は出力側(+-あり)を同様に半田付けとガムテで保護。
IMG_0539.jpg
IMG_0540.jpg


さて、軽くネジ止めして、ソケットに繋いでスイッチオン!!





ペカーーーー。
IMG_0541.jpg









さてさて困った・・・


分かります?



実は、これ1個点いてないんです。

最初に点けた時にも1個点いてなくて、でも他の素子は極々かすかーに点灯していました。
理由が分からない私は点いてない素子の電流か電圧(どっちだったかな・・・)を測ろうとテスターを当てた瞬間、他の素子がペカー!と光りました。

ん? この素子が逝かれてんのか?
そこでテスターで導通チェックしましたがテスターが反応しません。

試しにRBの素子が1個余ってたので、この不点灯の素子(UV)と付け替えました。



で、結果が先の写真です。
付け替えた素子は不点灯で、それ以外はきれいに点灯しています。


ここで分からないのが素子は直列でつながってるから1個の素子がダメだと全部点かないんですよね?
素子の+-は間違いありません。導通チェックもOKでした。


あとは、点灯素子と不点灯素子の電圧と電流を測りました。

点灯素子(2-3個測定)・・・電圧約3.5V、電流約453mA
不点灯素子・・・電圧約1.2V、電流約440mA

電圧が約1/3しかありませんでした。これは点かないやつだけ0.5wになってるってこと? だから点かないの?


何故そうなってしまったのか? もしかしてもともとの原因は素子? それとも基板?

この1個不点灯のままで使用しても問題ないのでしょうか?



見事に電気ウンチな私には???ばかりです(汗



教えてー!分かるひとー!m(_ _)m

[edit]