02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

熱視線ビーム 

そこは君の指定席。


雨の日も晴れの日も・・・


「私にはそんなの関係ないわ」




僕は少し離れたところから君を見つめる。


時折、視線が僕の方を向いてドキッとさせられる。


僕に気付いてるの?


いや、気付いてるはずないよね。


だって、君と僕とは住む世界が違うのだから・・・。












アクリルの板を一枚隔てて・・・









ウズ「勝手にドラマ創んなや!気付いとるどころかいつもわしがガン見しとるやろ!無視すんなや、ボケ!はよエサくれや!」


ひさ「さっきやったやんけ!もう忘れとんか!どあほ!お前のエサくれビームうっとおしいねん!魚なら泳いどけ!」



ウズマキの小さいウズの輪が切れて、ついに最後の輪っかもなくなってきたお^ω^
スポンサーサイト

[edit]

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。