FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

VS シアノ、いよいよ終結か? 

シアノバクテリアが発生して2ヶ月?3ヶ月?が経過しました。

シアノなんてここ何年も発生していなかったのでちょっとした驚きでした。
ひとつの原因として考えられるのは水流のよどみ。
低栄養塩であろう水槽でもシアノが発生するのはWeb上でもたまに目にすることがある。
水槽全体では低栄養塩でも水流の淀んだ箇所の砂上等にリンや窒素が蓄積されていくのだろうか。
であれば、水流を見直し、かつ効果的な換水で自然消滅させることが期待できるかもしれない。この方法はシアノの栄養源を拡散、除去することが目的となる。

しかし、違うアプローチとして清浄な天然海水(未滅菌)による換水や新鮮なLRの入れ換え等でシアノが消えたという報告もある。
要はバクテリアの偏性化を阻止しバクテリアバランスを整えることで効果を期待する。


偶々、今日まで後者の方法を実践することになったというか、なってしまったのだが、2ヶ月近く無換水のまま、バクテリアの素では評判の良いバイオダイジェストを規定量の2倍以上この間入れ続けた(NO3PO4-Xでブーストしている)。

結果としては、シアノは約1/3に減衰した
(水流もそのままで、魚には毎日変わらずにメガバイトMをスプーンで5杯程度)。
恐らく無換水、給餌ありの環境でバクテリア投与なしではシアノは増殖の一方ではなかったかと、経験則ではそう感じる。


ちょっと前にTAKAさんがReef-reef.jpに面白い記事をUPしていました(携帯から更新なのでリンクは割愛)。
水槽内とサンゴ礁のバクテリア量の比較で水槽システムによっては自然界の1/10程度しか存在しないそうです。
このことからも酸欠しない程度に(その加減がわからんが)、多様なバクテリアはドバドバ入れた方が良いのかもしれんね・・・

[edit]