05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

思いを風に乗せて 

 
私は、ここ20数年TVの連ドラというのをオンタイムで観たことがありません。
なので、時折、気になるドラマをレンタルして観ていました。

もっとも最近に観たのが「mother」です。1年以上前のドラマですね。

私はこのドラマを涙流さずに観ることはできませんでした。胸が締め付けられるような子供の虐待です。その反面、母性がテーマとなっていますが、それだけでは語れない人としての愛情がそこにあったからです。



私は三人兄弟の真ん中として育ちましたが、三人のうち一人は里子です。
物心付かない頃に引き取られました。実母に捨てられたのです。

それは私かもしれませんし、そうでないかもしれません。
私たち三人、両親から実の兄弟のように育てられました。
そして、三人ともまぎれもなく実の息子でした。


このドラマでは他人である二人が方法はともかくとして、お互いが気持ちの上で引き裂くことが困難な本当の母娘になっていくというあからさまな設定なのですが、私の知る現実でも全くの他人が家族、そして親子になれることを身を持って知っています。

どうして、こんな話をしたくなったのでしょう。
悲しいことに子供虐待の話が絶つことなくニュースに上っています。



お願いです!
虐待はやめて下さい!どんな母親、父親であろうと子供は親にすがるしかないのです。
子供の命を物と一緒にしないで下さい!







この思いが、言葉が、少しでも届いて欲しいと思います。


そんな願いをこめて書きました。

[edit]

trackback: -- | comment: --

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。