03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

冬の魚たち 


私が週に1-3回行く地元の飲み屋さんがある(今、そこに居るw)。
そこの看板娘(私の1コ下w)はダイバーである。


大体、伊豆に潜りに行くことが多い。
伊豆の冬場の水温は下がっても15℃らしい(地表と2ヶ月ほどずれがあって3-4月が一番冷たい)。


そんな低水温の中でもスズメやクマノミ、ヤッコの元気な姿を見ることができるとのこと。


良く死滅回遊魚というが彼らの(おそらく)一部は逞しく冬を越すのである。


誰かが言ってたなぁ、「生き残る者は知恵がある者でも順応する者でもない。変化する者だ。」と。


きっと彼らも水槽の中では順応してるのではなく変化しているのだと思う。



※酔っ払って書いたので家に帰って加筆、訂正しましたw

[edit]

« たまにはそーいうときもありますよ。  |  アクアリストが春を感じる瞬間 »

この記事に対するコメント

こんにちわ。

冬の伊豆?…冬は寒いし、見るものもないと思っていたんで
潜ったことありませんでしたが、クマノミいるんですか!?
ひぇービックリ!!!!!

>「生き残る者は知恵がある者でも順応する者でもない。変化する者だ。」

名言ですね。
あいかわらず、変化のないあくあ12より。



あくあ12 #- | URL | 2012/04/14 10:56 * edit *

あくあ12さん
こんにちは^ω^
びっくりですよね。
水槽のような閉塞環境ではやはり特殊なんでしょう。
自然もそうだけど、そこに生きる者は偉大ですね。
その人はサンゴには興味ないみたいなのでどんなサンゴがいるのかははっきりしませんw

私もネタなしですw

ひさ坊 #- | URL | 2012/04/14 15:32 * edit *

低水温

ひさちゃん:ちわー。ご心配おかけしましたが徐々に良くなってきております。
お見舞いコメントありがとうございました。

>そんな低水温の中でもスズメやクマノミ、ヤッコの元気な姿を見ることができ>るとのこと。

急激に15度はさすがに魚もこたえますけれど徐々になら耐性
ができて生きています。白浜の海中塔でそのような光景を見ましたが冬の
雪の舞う寒い2月でしたが水温は15度程度ありチョウチョウウオやソラスズメ
ホンソメワケべラが元気に泳いでいましたよ。

一度耐性実験を過去にやったとこがありクマノミは13度ならぼんやり
していますが生きていました。18~20度あれば元気に餌をたべます。10度
ぐらいになると仮死状態になってしまいます。



よしひろ #- | URL | 2012/04/14 20:57 * edit *

変化する、って、今を捨てる、ってことで、
意外に難しいんですよね。

アキオ #- | URL | 2012/04/14 23:28 * edit *

よしひろさん
回復されて何よりです^^

13℃までってどうやって実験したんですか・・・
室内だとそこまで下がらないと思うし、以前、淡水を玄関水槽(一番冷える場所)でやってたときがあって、そういった場所なら下がるのかな?

確かに徐々にというのがポイントなんでしょうね。
しかし、人間の体温も魚にとってはヤケドに相当する温度だと言います。
ということは、10℃も水温が下がることは魚にとって、どれだけ過酷な環境かは想像できますね。
やはりワイルドは強し、ということなんでしょうか。


アキオさん
その通りだと思います。
生物で言えば、変化=進化なんでしょう。ゆっくりなのか突然なのか。
人間も変化しなければ生き残れないですね。
宇宙暦での人類の誕生もほんの爪あとにしかすぎませんからw

ひさ坊 #- | URL | 2012/04/15 20:12 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://331kcal.blog71.fc2.com/tb.php/240-d19bee48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。