05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

崩壊・・その時 

これは1年半前の写真です。
CAQ2K2GC.jpg


立ち上げて2年くらいのときにクーラーが故障して、サンゴは全滅、魚も大半が☆になりました。

生き残った魚はナンヨウハギ、ネオンダムセル、カクレクマノミ2匹でした(写真のカゴカキダイはその後採集したものです)。


受けたダメージは大きく、熱意はまったくなくなり機材も大半はオクで処分しました。

水槽をたたむ気力すらありませんでしたが、生体を見殺しにすることもできず4年間ただただ餌やりと足し水のみでした。

そんな悪環境にもかかわらずナンヨウハギもネオンダムセルも幼魚から15cmほどに成長していたのでこの子たちが生きている限りは最低限の維持はしようと思っていました。


そんな中、再び崩壊の危機がやってきたのです。

ある朝、耳障りな金属音で目が覚めました。

その異音はマグネットポンプからでした。6年ですからね。たぶんベアリングの磨耗でしょう。

マグポンの寿命はもっと短いと目にしましたので長くもったほうみたいです。


マグポンのスイッチを切って、会社に出かけ帰ってくるとカクレ2匹とカゴカキの1匹が☆になっていました。

酸欠になったのだと思います。

今度こそ水槽をたたもうと思いましたが、肝心の生体を引き取ってもらう時間がありません。

悩んだ末、このままでは全滅は免れないと思い新しいポンプを通販で発注し、届くまで故障しているポンプで回しました。


新しいポンプが届いたときに、ようやく4年放置されていた水槽の掃除と全換水をしました。

そのときの写真です。
CA00HPST.jpg

ナンヨウ君は隠れていますね。



久々に透き通った水槽はとってもきれいで、この時「再構築せねば」とふつふつとアクア魂が沸き上がってきたのでした。


つづく・・

[edit]

« 崩壊後・・平穏  |  奇跡の生還 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://331kcal.blog71.fc2.com/tb.php/9-2f390cd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。